給料に満足できない看護師が転職するケース多い?

残業をした場合、残業代が出るというのは至極当然です。
ですが、看護師の場合、状況により、残業代がもらえないこともあります。
とりわけ、転職をしたばかりでその環境に不慣れな場合には、なかなか残業申請をしにくいムードなのです。
少しでも看護師の厳しい労働環境を改善させる意味でも、ちゃんと残業代が出るようにする必要があるでしょう。
看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。
普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残って仕事をしなければならないことがよくあります。
とはいえ、もしもひどく忙しく、疲れている場合でもにこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。
さっきまで愚痴っていた人がぱっと笑顔を作れるのですから看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。
転職活動を行う時には、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、気を付けなければならないことがあります。
それは何かと言いますと、特に履歴書の中の志望の理由の書き方です。
志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、研鑽に励みたいという理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由などやる気に満ちたような内容がいいと思います。
派遣という立場で、看護師が仕事をする際には、良い点や悪い点が存在するのです。
まずは、良い部分として長い期間働く必要がなく、条件や都合に沿って他の職場に自由に変われることです。
デメリットは昇給や賞与がないので、長期の勤務には不向きであることでしょう。

看護師転職で勤務形態かわる?【クリニックと病院勤務の違いとは】