子供が病気になった場合、入院することになると思います。そこで今回は、小児科への入院について考えてみました。多くの病院のことですが、小児科の病棟は、大人の為の病棟とは別の作りになっていることが多いですよね。それは何故かいと言うと、子供だけに必要なものがあるからですね。もちろん、小さな病院では、小児科専用の病棟がない所もあります。(汗)言い換えると、子供と大人が同じ大部屋に入院すると言うこともあります。※一般的に見ると、小児科病棟はあります。次に小児科病棟の様子について見てみます。小児科病棟に自分の子供が入院することになった場合、気をつけなければならないことがあります。それは、お見舞いですね。完全看護となっている病院では、お母さんの付き添いはいりません。それでも子供が心配ですよね。ですから、毎日のように見舞いに行くお母さんも多いことでしょう。(笑顔)感染予防のためです。※15歳未満の子供を入れさせないようにしている病院も多いようですね。※(注意):看護師さんに確認しておくことが大事ですね。※病棟の入り口には、消毒液などが置かれています。ですから、手を消毒してから入るようにしてくださいね。子供は、感染症に弱いですよね。病棟にいるのは、病気の子供ばかりです。(汗)また、子供ばかりの大部屋で上手く共同生活が出来ない子供もいますよね。(汗)しかし、子供の将来を考えるなら大部屋で過ごす方が良いですね。(笑顔)

関連ページ